2021年12月4日 土曜日

看護師のキャリアと年収の関係

同じ仕事内容でも新人とベテランでは年収に大きな違いがあります。これはキャリアの差によって仕事の質が異なるとされているためです。長年に渡ってキャリアを積んだベテランは仕事の質が高く、効率も良いことから優秀な人材と評価され、仕事の質に見合うだけの年収を得ることができます。長く働き続けてキャリアを積むほど年収がアップすると言えるでしょう。看護師の仕事は人命に関わるものが多いので特にキャリアが重視される傾向にあります。ベテラン看護師の年収は新人よりも三割から五割ほど多いとされていますが、知識が豊富で多くの経験を積んだベテランは仕事の質が非常に高く、現場の士気を高める効果もあると評価されるのが大きな理由です。

その一方でキャリアを積むことだけが年収アップの方法ではありません。専門看護師や認定看護師など、専門性の高い医療分野へ従事するために必須な資格を持つことで仕事の幅が広がります。助産師や保健師など看護業務以外の資格も医療の現場では重宝されるので、ベテランの域に達していない看護婦でも年収アップを目指すことは十分に可能と言えるでしょう。もちろん、豊富な経験も年収を増やすための重要なポイントであることは否定できません。また、より待遇が良い所へ転職するのもキャリアに頼らない年収アップの方法と言えます。看護師向けの転職サイトには高待遇な求人が多く掲載されているので探すのは容易ですが、相応の知識や技能が求められるのでその点は注意する必要があります。